食物を消化する働きを持つ大腸を守りきろう

大腸の役割は食物が消化と吸収された残りの腸内容物を貯め、水分を吸収し大便にする器官になります。

大腸には、大腸菌、乳酸菌といった代表される腸内細菌が100種類以上存在しています。

食物繊維の分解感染予防の働きをしているのです。

大腸は盲腸から始まり、盲腸の上に向かっている場所が上行結腸と呼ばれ、その次に横に向かう場所が横行結腸、そして下に向かっている場所は下校結腸、S字状に曲がっている場所がS状結腸、そして15センチほどの真っ直ぐに伸びる場所を直腸と呼び、最後に肛門括約筋がある肛門管になります。

大腸がんはそこにできる悪性腫瘍になります。

多くは長さ約2センチの大腸に発生するがんであり、日本人の多くはS状結腸と直腸にできやすいと言われています。

がん細胞は大腸粘膜の細胞から発生します。

腺腫と呼ばれる良性腫瘍の一部ががん化することから発生するものと、正常粘膜から直接がん化するものがあります。

進行は比較的他のがんに比べるとゆっくりになります。

粘膜の表面からがん化し、大腸の壁に侵入していき、その進行が進むに連れリンパ節や肝臓、肺などの他の部位に転移することになります。

大腸がんの発見は、便に血液が混じっているかどうかを検査する便潜血検査が有効とされています。

がんとしての症状が出る前に発見することが可能であり、その場合早期発見になることも多いです。

早期発見でき早期治療に結びつけることができれば比較的根治しやすいがんと言われています。

遠隔転移と呼ばれている大腸がんの進行から肝臓や肺に転移がたとえ認められたとしても、手術により切除で根治できる可能性もあります。

完全にがん細胞を取り除くことが難しい場合は、手術の後放射線治療や全身治療として抗がん剤の投与が行われます。

手術により再発した場合も切除により取り除くことが可能です。

大腸がんの症状として、大腸のどの部分にがんが発生したかにより症状が異なってきます。

比較的多い症状としては血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感覚、腹痛、貧血、原因不明の体力減少が代表的な症状になります。

多くは血便が多いのですが、痔による症状で出血している場合もあります。

それらの症状が認められた場合、早期に消化器科、胃腸科、肛門科を受診することが大切です。

またがんによる腸閉塞などの別の症状から大腸がんが発見されることもあります。

そして大腸がんの転移により肝臓、肺の症状から受診したことにより大腸がんが原因とされることもあります。

大腸がんのことがよくわかる 大腸がん情報サイト

ガチンコパワー精力増強剤通販サイト