更新情報

がんを撃退するために知る事

舌がんについて

舌がんと言うのは、舌の前部の3分の2の範囲と、舌の下面や縁に出てくるがんになります。

これは口の中のがんのおよそ60%程度になってきます。

この口腔がんの多くは扁平上皮癌になってきます。

たまに肉腫が出てくる事もあります

舌がんの症状は男性が多く、だいたい50歳~70歳前後の方に発症してきます。

また50歳未満の方でも4分の1程度いて、若い方でも出てくる事もあります。
この舌がんの要因はよく分かっていませんが、例えば生活習慣の乱れや歯並びの問題、また虫歯や入れ歯などの影響もあります。

それによって舌がんが出てくる事もあります。
舌がんと言うのは自分で見る事も可能になってきます。

それゆえ患者さんのおよそ3分の2程度の方は早期発見する事が出来ます。
そして舌がんの症状ですが、多いのが舌の両脇に出てくる硬いしこりになってきます。

これは出血や痛みがない時もあります。

また舌の真ん中や先端に出てくる事はありません。

そして舌の下面にある物は自分で発見する事も難しくなってきます。

またその症状も分かりにくくなってきます。

このがんが進むと痛みが続いたり、また出血がある事もあります。

そして口臭も出てきます。
この舌がんの中には早期に、舌に近くの首にあるリンパ節へと転移する事もあります。

それゆえ毎日鏡で確認したり、また特に気になる事があればすぐに病院に行く様にして下さい。

そして治療後は定期健診も大切になってきます。

 

 

胃がんの基礎知識

 

 

胃がんのできやすい場所として幽門部になります。

幽門部は胃の出口、十二指腸へと繋がっています。

胃がんは食生活と密接な関係があるとされており、また食塩の過剰摂取も大きく関係しています。

ヘリコバクター・ピロリ通称ピロリ菌も深く関係されると言われています。

若年層には少ない悪性腫瘍ですが、高齢化社会を反映し死亡率や罹患率は少なくないです。

また胃がんは特に日本人に多いがんであり、1998年に肺がんに抜かれるまで、胃がんはガン部位別死因のトップでした。

今現在は2位になっており、罹患率はトップで患者数が一番多い悪性腫瘍になります。

早期に発見することができれば治療成績の良いがんとして知られています。

胃がんが発生しやすい場所もあります。

食物を消化する胃袋にある内側の粘膜にでき、少しずつ粘膜下層、固有筋層、漿膜へと外側に向かって浸透します。

粘膜下層にとどまっているがんを早期胃がんと呼び、固有筋層より深く浸透している胃がんを進行性胃がんと呼んでいます。

早期発見することができ治療すれば根治を期待できる悪性腫瘍ですが、早期発見で治療することができないと治すことが難しい病気です。

 

消化器GIST(ジスト)に関する役割

 

口から入った食物は、咽頭から食道、胃、十二指腸、小腸、大腸へと辿り最後は肛門で排出されることになります。

これらの臓器は、パイプ状となっており必要に応じてそれぞれの構造が異なっています。

大きくなったり小さくなったり、くびれていたり様々です。

そしてそれぞれの部位で消化吸収の役割が決まっています。

これらの管を構成しているそれぞれの壁の構造は、内側から粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、粘膜筋層、漿膜下層、漿膜といった壁から複数できています。

それらに発生する腫瘍もあります。

GIST(ジスト)と呼ばれ消化管間質腫瘍を示す意味になります。

GISTは胃や小腸などの消化管の壁にできる転移や再発を起こす悪性腫瘍の一種になり、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは違う種類の悪性腫瘍になります。

GISTは粘膜下腫瘍です。

粘膜の下に腫瘤と呼ばれるこぶやかたまりを想像させる病変を形成します。

症状は病変が大きくなったとしてもなかなか自覚症状が現れにくい腫瘍になります。

症状として腹痛や腫瘍からの出血が認められた場合、下血、貧血の症状が現れることもあります。

手術により切除することが可能性です。

完全に切除されたとしても肝臓や腹膜に転移することもあります。

発生する部位は胃が7割、小腸が2割、大腸、食道が約1割という割合になっています。